転職で成功する面接ののぞみ方

image

転職活動において書類選考を通過するのがひとつの山場になります。その山場を通過すれば、あとは面接になります。面接では、書類選考において、企業が求めている人物像と合うと思われる要因がそこに記載されていることになりますので、自分が記載した履歴書や職務経歴書を読み返すことが大切です。
企業側としてはその部分について面接で確認したり、また詳細に質問したりしてきます。履歴書等に記載された実績において、具体的にどのレベルにあるのか仕事レベルを確認するとともに、その人の人物性も確認されます。人物を確認するのは、実際に会うのが一番でそのために面接に呼ばれていることを認識すべきです。
そのため面接でよく言われている、第一印象や社会人としての身だしなみをきちんとしておくことはいうまでもないことです。ドアのノックの仕方、挨拶の仕方、言葉使い等はきちんと、はっきりとおこなうとともに、一番大切なのは笑顔です。第一印象がその人の印象のほとんどを決定すると言われています。そのため、人が一番心地よいと感じる笑顔で応じることが大切です。
見た目の次には、耳から入ってくる音、すなわち声になります。ぼそぼそとした声よりも、はっきりと大きく元気な声を受け答えすることが大切です。これはどんな年齢になったとしても初心の心を忘れずに対応することが大切です。
あと重要なポイントになるのが、受け答えの内容です。見た目も声も良くても、内容が何を言っているのか理解できないものであれば論外です。相手に理解してもらうように、専門用語はできるだけ避けて、面接官に理解してもらうという心づもりが必要です。また内容も論理的であり、前後の繋がりも明確であることが必要です。
それぞれの想定質問を予想して回答を準備する人が多いですが、その時も回答ごとの繋がりも考えて、話の内容に矛盾がないか確認することも大切です。また回答と同時に企業に対する質問もいくつか考えておくことが必要で、その質問内容によっては、企業についてよく調べてあるという評価に繋がったり、やる気を判断されることにもなります。